2009年05月30日

現代社会の仕事とストレス事情

現代社会はストレス社会といわれています。

たぶんこの世の中に仕事でストレスを全く感じないという人はいないのではないでしょうか。

精神的疲労やストレスを、総理府の調査によれば半数以上の人が感じているという結果だそうです。

とくに多いのが20代後半の女性の場合で、7割以上の人がストレスを感じているといいます。

そのほか残りの人でも、ストレスが全然ないというわけではありません。

自分がくたびれている事さえ、あまりにも仕事が忙しすぎて気づいていないだけということもあり得ます。

仕事上の悩みを相談することによってストレスを解消できるように、大手企業の社内には専任の心理カウンセラーがいるような所もあるといいます。

案外ストレスなんて溜まっていないという人に限って、ある日突然大きな病気にかかってしまうことも、仕事を頑張りすぎてしまう分あり得るのではないでしょうか。

一生懸命に仕事をする人ほど責任感が強いので、ストレスにさらされている傾向があるかもしれません。

普段から仕事に頑張る人ほど、ストレスがかかっていることに早く気づいて、少しでも解消するようにしましょう。

反対に適当に休みをとったり仕事をペースダウンしたりして、ストレスが溜まると弱音を吐いてばかりいる人の方が、上手にストレスがかからないようにしているのではないでしょうか。

肩の力を少し抜いて、あまり頑張りすぎないで仕事をしてみることは必要なのかもしれませんね。
posted by jyobsutores at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

仕事でのストレスについて

仕事でストレスを感じている人はどの位いるのでしょうか。

ある調査機関で仕事に関するストレスを調べたものの報告によると、仕事の人間関係がストレスの原因として一番多く3割以上という結果になりました。

2割程度が仕事の問題によるストレスであり、一番多かったメンタルヘルスを低下させる要因が、同僚とのコミュニケーションが少なくなっていることだといいます。

多くの人は、ストレスと聞いてきちんと説明できないかもしれません。

医学的な見地から説明すると、体が示したゆがみや変調の事をストレスといい、それは何らかの刺激が体に加えられたことが原因です。

ゴムボールを指で押すと、ボールは歪んだ状態になります。

これがストレスです。いつまでもボールを押さえつけていたら、そのボールは歪んだままです。

いつも何らかの刺激が与えられていると、ボールと体も同じ事で、体はストレスを感じていることになります。

体はストレスを感じていることが、たとえ仕事上でストレスを感じているという実感が無くてもあり得ることなのです。

役職別にストレスを感じる割合でトップだったのは中間管理職である課長であり、ストレスを仕事上で感じている年齢層は30代が最も多いという結果になっています。

仕事上の責任がおもくなってきた為にストレスを感じる人も、不景気の影響による人員削減などにより増加しています。

元気に仕事を続けていただくためにも、体に悪い影響が出る前に、ストレス解消方法を見つけていくことが大切です。
posted by jyobsutores at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
</div>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。